おやこ名刺のメリット

ママ友のコミュニケーションツールとして巷で話題のおやこ名刺。作ることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

“>はじめましての御挨拶のときには、誰しもが相手にとっての情報が不足している状態です。そういった状態では弾む話も弾まないのが当たり前です。この状況を打破するアイテムがおやこ名刺です。ここに親と子の名前、趣味などの情報を載せておくことでその後の会話がスムーズに進行します。電話番号やメールアドレス、SNSのアカウント名など、口頭での説明が難しい情報も文字で表すことで、分かりやすく相手に伝えることができます。相手側も受け取ってからすぐに登録する必要がないため、帰宅してから空いている時間にゆっくりと対応できます。

名刺子どもにとってのメリットは、現在流行っている読みにくい漢字や当て字を使った、いわゆるキラキラネーム対策になることです。名刺に振り仮名を振っておけば、相手に気を使わせることもなくなります。また、その子の持っているアレルギー情報を記載しておけば、もしも食事をする機会があった場合に対応してもらえるかもしれません。

いかがでしょうか。初対面の相手とのコミュニケーションは、何歳になってもどんな立場になっても難しいものです。そのコミュニケーションを円滑に執り行うことができるおやこ名刺は、親にとって是非とも利用したいアイテムに違いありません。

おやこ名刺の作り方

おやこ名刺を作るには一体どうしたら良いのでしょうか。ママ友同士のコミュニケーションツールとして、絶大な効果を発揮するおやこ名刺。その作り方について説明させていただきます。

まず一つ目は、自作する方法です。パソコンとプリンター、名刺サイズの印刷用紙、そして印刷用のソフトウェアが必要になります。印刷用紙はあまりペラペラのものを選ばず、厚い高級感のあるものを選ぶと良いでしょう。ミシン目になっている用紙の切り口が気になる人は、剥がすだけでなめらかな切り口になる用紙もあるので、そちらを使うという方法もあります。人に渡すものであるため、なるべく完成度には気を配りたいです。

名刺パソコンが無かったり、必要なソフトやスキルが無いという人はプロの業者におやこ名刺の作成を任せてしまうという方法もあります。素人の作るものとは一味違うプロ仕様の名刺が手に入る上に、自分で作る手間も省けます。値段も100枚で1500円くらいが相場ですので、金銭的な心配も少ないところがありがたいと感じる人も多いかと思います。

手作りのおやこ名刺は、なんといっても手仕事ならではの味が魅力です。一方業者に任せて作る名刺は僅かな手間と費用で、本格的な仕上がりの名刺が手に入ります。自身に合った方法を選択すると良いかもしれません。

おやこ名刺とは

お母さん子ども同士だけでなく、親同士が仲良くなるのもなかなか難しいものです。入園式、入学式を目前にして気分が重くなってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな人にとって心強い武器になってくれるおやこ名刺の存在をご存知でしょうか。

おやこ名刺とは、親と子の名前や趣味などが書かれている名刺のことで、これがあればお互いに初対面の状態でも話題に困ることがありません。また、携帯番号やメールアドレス、SNSのアカウント名などの口では説明するのが面倒な情報も記載することによって説明がスムーズになります。最近よく見かける、初見では読みにくい、いわゆるキラキラネームと呼ばれるお子さんでも名刺に振り仮名さえ振っておけば相手にも気を使わせることがありません。

アレルギー情報なども載せておけば、その後の付き合いで食事の際、煩わしさを軽減できるかもしれません。そんなおやこ名刺の作り方は大きく分けて二つあります。一つは自作する方法です。パソコン、プリンター、名刺サイズの印刷用紙、印刷に必要なソフトウェアなどの準備が必要です。いろいろな手間がかかりますが、自分のセンスを遺憾なく発揮することができます。もしも準備が面倒だったり十分なスキルが無かったりという人はプロの業者に任せる方法がオススメです。簡単にプロ仕様の名刺が手に入る上に値段もお手軽な場合が多いです。日々の忙しい生活に追われているお母さんにはうってつけと言えるでしょう。

ママ友同士の連携というのは子育てにとって非常に重要なポイントです。はじめの一歩をかくじつに踏み出すための秘密兵器である、おやこ名刺について説明させていただきます。是非ご覧ください。